そもそも車の寿命とは何か?中古車の寿命って?

車の寿命って何年くらい?

中古車のプライスボードには必ず、走行距離が書かれています。

走行距離が3万kmとか5万kmとか、中には10万km以上走っている中古車もあります。

走行距離は中古車の販売価格を決める重要な項目の1つで、中古車を選ぶ側も走行距離を重要視しています。

なぜ走行距離を重要視するのかというと、あとどれくらい乗れるのか?という車の寿命を気にしているからです。

では、そもそも車の寿命ってなんなのでしょうか?

車の寿命とは、人が勝手に言っているだけ!

日本では車の寿命は10万kmぐらいとよく言われます。お店でも10万kmを超える頃には買い替えを勧められることが多いです。

しかしこれは日本に限ったことで、海外では20万kmや30万km走っている車が一般的です。10万kmが寿命なんて言っているのは日本人だけです(^^;)

日本車は世界一耐久性が高い車ですが、それでも海外よりもかなり短い10万kmが寿命だと言っているのです。これっておかしいと思いませんか?

実は日本の昔の車検制度は、登録から10年以上経つと、2年毎だった車検を1年毎に受ける必要がありました。車の耐久性がまだ低かった時代です。

しかし平成7年の法改正により、車齢が10年を超えた車でも車検は2年毎でいいことになりました。10年程度であれば車は十分にもつと国が認めたためです。

そうなんです!日本人には10年以上経つと車検が1年毎になるという記憶の名残が残っているので、10年が寿命という間違った認識を持っている人が多いのです!もう20年以上も前の話なんですがね(^^;)

車屋さんもそれをわかっていますが、10年が寿命と言えば車が売れるので言っているだけです(^^;)心の中ではメンテナンスすればまだまだ乗れることはわかっています。

じゃあ、車の寿命って何年?

では車の寿命っていったい何年くらいなのでしょうか?

答えは、、、、、寿命なんてありません!

冗談で言っているのではなく、車は部品の集まりでできていますから、壊れた部品があればそれを新品に交換すれば、いつまでも性能を維持したまま乗ることができます。

現に、50年以上前の車も路上を走ることができますね(^^)

極論をいえば、火事で燃えた車だって水没した車だって、つかえる部品は使って使えない部品は交換すれば、また復活するわけです。

しかしこれはあまりにも極端なので、一般的には”エンジン内のパーツを交換する時期がきたら車の寿命”と言われることが多いです。

例えば車のブレーキパッドやタイヤなんかは消耗品ですので、減ってきたら交換しなければなりません。これらの部品を交換する必要があると言われて車の寿命だと思う人はいないでしょう。

しかし「エンジン内のパーツが壊れています」と言われたらどうでしょうか?

エンジン内のパーツはピストンやピストンリング、コンロッド、ゴムパッキンなどがありますが、これらを交換するためには少し大掛かりな修理が必要になります。

壊れ方によってはエンジンを丸ごと交換した方が安上がりな場合もあり、修理費用は数十万円になることもあります。

数十万円のお金がかかったとしても、新たに車を買うことを考えるとそれでも安いのですが、やはり他の部分も調子が悪かったり新しい車に乗り換えたい気持ちがあると、これは車の寿命だと結論付けてしまうのです。

以上が、車の寿命と言われる構図です。

ですので、中古車の走行距離が10万kmを超えていたとしても格安で買えますから、購入後に多少修理費用が掛かったとしても、結果的には安く買えることになります。

新しい中古車の方がいいのであれば走行距離が少ない車を選ぶべきですが、車として乗れればいいのであれば、あえて走行距離が多い中古車を検討するのもおすすめです!(^^)

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

タイミングベルトの交換時期が10万km寿命説の発端!?

エンジン

日本の車の寿命が10年という仮説の根拠には、タイミングベルトが関係しています。

タイミングベルトとは、エンジンのクランクシャフトとカムシャフトを同調させるベルトで、オイルポンプやウォーターポンプも同時に作動させます。

このタイミングベルトが劣化で切れてしまうと、バルブとピストンが衝突、エンジン本体に重大なダメージを与えてしまいます。

交換時期は10万kmが目安とされており、タイミングベルトを交換する際はウォーターポンプやベルトを回すプーリーなども劣化していることが多いため、一緒の交換が求められます。

これらの交換費用が部品代を含めると10〜20万円かかってしまうことから、その他の部品の劣化も考慮すると10万kmが車の買い替え時期と言われていました。

ただし買い替えの時期であり、決して寿命と言われていたわけではありませんが、ユーザーの中には買い替え時期と寿命を混同している風潮が今でも見られます。

ちなみに欧州車はタイミングチェーンの交換時期が早く、スポーツカーのフェラーリは2万km前後、コンパクトカーのアルファロメオでも3〜4万kmが限度と言われていました。

欧州車は、部品の交換を早めに頻繁に行うので、結果的にエンジン本体の寿命が長くなるのです。

年式が古くなると部品のストックがなくなる可能性も!

最近の車は、ゴム製のベルトではなくローラーチェーンを使っているので耐久性が伸び、ベルトの10万kmに対して30万kmまで交換不要となっています。

販売されている中古車で10万km超えの車種でも、「タイミングチェーン」あるいは「タイベル交換」と表記されていればエンジン本体に大きな問題を抱えていることはほとんどありません。

エンジン本体は前述したようにメンテナンスをしっかり行い、劣化した部品を交換している限り、50〜60万kmでも走行できますが、あまり年式が古くなるとメーカー側で用意している部品がなくなる可能性があります。

エンジン本体の部品は比較的ストックがあるものの、電装部品や車内装備品はモデルチェンジによって部品が変わるため、早く廃番になってしまい、部品によっては探すのが困難な状況に陥ることもあります。

車の寿命を決める大きな要因のひとつは、ボディや下回りのサビです。部品だけのサビならば交換するだけで済みますが、ボディのサビが進んで腐食、穴が開いた状態になるとサビの部分を切り取り、板金塗装しなければなりません。

補修部分によってはモノコック強度が弱くなることがあり、走行にも影響を及ぼします。

過走行車や年式の古い中古車を購入する場合は、エンジン回りに加えて下回りやトランクのカーペットの下、足回りなどをチェックしてサビがないことを必ず確認してください。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-