得する中古車選びの方法

得をする中古車と損をする中古車の特徴をご紹介!

得する中古車選びの方法

 中古車は新車よりも価格が下がりますから、選べる選択肢が非常に増えます。高級車・大衆車・軽自動車・輸入車(外車)などです。

また個体によってコンディションは違いますから、走行距離の多い少ない・見た目・オプションの有無など、それぞれ異なります。

しかし中古車のある1点だけを見つめて購入をしてしまうと、思わぬ損をしてしまうことがあります...(^^;)

みなさんが得した!と感じる中古車選びができるように、大切なポイントを以下にまとめています!

タイプ別のお得な中古車選び解説!

 車のタイプ別に実はお得な中古車というものを解説しています(^^)

高級セダンは中古車市場で大きく価格を下げる!

新車の販売価格は訴求対象の市場需要と製造や販売のコストから決定しますが、中古車の場合、仕入れ値で決まります。したがって仕入れ値が安い中古車は必然的に販売価格が下がることになります。

この仕入れ値は中古車市場の需要に大きく関わっており、たとえ新車の販売価格が高価であっても中古車市場で人気がなければ仕入れ値は安くなります。

つまり新車販売価格は高いけれど仕入れ値が安い車種ほど、価格の安い中古車のメリットを享受できるということになるわけです。

その典型的な例が輸入車、または国産の高級セダンです。新車販売価格はミドルアッパー層や法人が訴求対象となっているので高価ですが、減価償却は一般的な自動車であるので一律に下げられるため、耐用年数は6年となり、およそ3年で新車販売価格の約66%まで価値が下がります。

中古車市場で人気があれば資産価値が上がり、オートオークションなどでも高値取引が行なわれて仕入れ値も必然的に高くなるのですが、高級セダンは中古車市場で人気がないため、資産価値以上の査定価格がつくことはあまりありません。

これは高級セダンを求める人たちの多くが新車をステータスとしており、中古車の購入は型落ち感が強く、ステータスにならないと判断するからです。

不人気カラーの登録済み未使用車を探せ!

ただし、高級セダンは中古車の割安感はあっても基本的に維持費が高くなり、経済的とはいえません。

メーカー技術の粋を集めたといっても日常生活にはそれほどの技術力が必要ではないし、故障した箇所の部品や工賃も割高になるので、中古車市場で人気が落ちるには必然ですが、新車販売価格が高い割に仕入れ値が安い車種という中古車の市場原理は一般的な大衆車にも働いています。

メーカーが新車を販売する際、ボディカラーを何色も用意しますが、その中には一般受けが難しい個性的な色も含まれています。

当然、そういった色は新車でも販売しづらいのでディーラーが登録してオートオークションに出品する登録済み未使用車になりがちです。

実質的な新車でありながらボディカラーだけで中古車となり、新車よりも乗り出し価格が安くなるので、色にこだわりがなければ大変、お得感の強い車種といえます。

また中古車になると、新車時に装着されたオプションのうち、カーナビやオーディオは装着が標準状態となっているために仕入れ値が上がることはなく、中古車販売価格に大きな影響を及ぼすことがありません。購入の際は最低限、これらのオプションが装備してある車種を選んでください。

ほかにもこのページには中古車の購入で得する方法のコンテンツがいろいろと掲載されているので参考にしてください。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-