中古車の値下げ交渉のやり方

うまくいく中古車の値下げ交渉

中古車といえど数十万〜数百万円はする高額な買い物ですから、値下げ交渉のやり方次第で、簡単に数万円から10万円、20万円程度は値下げすることができます。

は中古車や新車の値下げ交渉は購入のたびに必ずしますし、自分で言うのも何ですが、けっこう値下げ交渉はうまい方なので、お得に車を購入することができています!

私の経験から中古車の値下げ交渉のポイントをご紹介いたします(^v^)

お見積もり書で削れるところを削る!

 車を購入する際には、かならず支払い総額がわかる「お見積もり書」を作ってもらいます。

見積書には内訳が書かれており、何にどれだけお金がかかっているか確認できます。その中には○○代行費用という項目が含まれています。

代行費用は基本的には自分でもできますので節約できます。特に車庫証明は自分でも簡単にできます。(こちら→車庫証明の取り方)また、下取り車手続代行費用と書いてあれば、それは必要のないお金ので省いてもらいましょう!

まずはどこを安くできるか聞いてみる

お見積書をもらって代行費用関係を削ったら、さらにお店側としてどの部分を値下げしてもらえるか聞いてみましょう!

「もうちょっと安くならないですか?」とか「どこまで安くできますか?」と聞けば、「え〜この費用を半額にさせていただいて..。」ってな風に話が進むと思います。

中古車というのはそもそも値下げを前提とした価格設定にしている場合が多いので、演技で渋りながらではありますが、まったく値下げをしてくれないということはほぼないでしょう。

ただしこの時点では営業マンも余裕のある値下げしかしませんので、どれだけ相手が渋ったとしても、まだまだ値下げの余地はあります。演技に騙されないようにしましょう!

他と迷っているとにおわせる

中古車販売店の営業マンにとって、自分が担当として車を購入してもらえれば、それは自分のお給料に直接反映されますので、他のお店で車を買われてしまうのが1番防ぎたいところです。

ましてや車を気に入ってもらえたのに、価格面で折り合いがつかず他のお店に行かれると、営業マンの接客に費やした時間も無駄になってしまいます。

それを逆に利用します。営業マンに他のお店の車と非常に迷っていると言うのです。それは何も同じ車種で中古車でなくてもいいです。

例えば、「新車を購入したいけどやっぱり中古車の方が安いから、価格によってはこちらを選ぼうと思っている。」とか、「他のお店で同じ車種ですごくいいのがあるんですよ。」というような言い方です。

すると営業マンもがんばって値下げをして、どうにか自分から中古車を買ってもらおうとします。

傷や凹みを利用しよう!

中古車の場合、車に傷や凹みがある場合があります。値下げ交渉が終盤に入ってくると金額的な値下げは難しくなってくるので、気になる傷やへこみを無料で直してもらうという形で、結果的に値下げをしてもらいましょう!

「この傷さえなければな〜。」とか「この凹みがね〜。」ってな風にいうと、営業マンもしぶしぶ応じてくれるでしょう。

最後の効果的な一言

値下げ交渉もいよいよ大詰めになってきて、他に値下げできる項目がなくなった場合、最後の一押しで値下げしてもらう方法があります。

それは、「この金額なら今買います!」という言葉です。この言葉は営業マンがもっとも聞きたい言葉ですので、非常に弱いのです。最後の最後にしぶしぶ了解してくれるはずです。

私はこの言葉を必ず値下げ交渉の最後に使いますが、すべての営業マンが最後の最後にがんばってくれました!

その場で無理でも一度帰宅して連絡を待ちましょう!

お店の方針や営業マンの方針で、値下げ交渉をしてみても思ったほど値下げをしてくれない場合もあります。

その場合は、他と迷っている、値下げしてくれたら買いたいという意思を営業マンに伝えておき、一旦帰宅するという方法もあります。

お店に実車を見に行く前には、まずはお店に在庫しているかメールで問い合わせてみますね。その際、メール本文の最後には、氏名(フルネーム)・電話番号を必ず記載しておきましょう!

すると数日以内にお店の方から、「お車探しはどのような感じですか?」と連絡がくるはずです。

値下げしてくれないお店や営業マンでも、自分のところで中古車を買って欲しいことに変わりはないので、再度連絡してくる場合が多いのです。

再度連絡をしてくれば、もう一度来店して値下げ交渉をするか、お見積書をもらっているはずなので、どの程度値下げできるかその場で聞いてみましょう!

一度こういうやり取りがあると、お店や営業マンもコロッと態度を変えて、できるだけ値下げ交渉に応じてくれるはずです!


以上が、中古車の値下げ交渉のやり方の解説です(^^)

中古車販売店も商売ですから、あの手この手で値下げを阻止してきますが、こちらは買い手なので基本的にはこちらが有利な立場にあります。

値下げが厳しいようなら他で購入も検討しているというスタンスで、堂々と値下げ交渉をしましょう!

ただし、必ず営業マンには紳士的な態度で接し、礼節をわきまえた言葉遣いで値下げ交渉をした方がいいです。

その方が営業マンも好意的になり、結果的に大幅値下げにつながることが多いのです!営業マンを味方にしましょう!

中古車を安く買う方法買取査定自動車保険

値引き交渉をするなら時期を選ぶ!

中古車購入の値引きは、時期を選ぶと効果的です。自動車販売も他の業種と同じように新車、中古車を問わず決算期があります。

特に3月は年度末決算に当たることから、販売店も在庫を抱えているより多少の値引きをしても販売した方が業務成績が上がるため、値引き交渉を受けやすいといわれています。

ただし決算期で値引き交渉に応じるのは、比較的規模の大きい販売店です。小規模店舗では値引き幅が大きく利益を圧迫するので、決算期でもあまり値引きに応じません。

規模の大きい販売店はある程度の値引き幅が決まっていること、担当営業マンあるいはフランチャイズ店の成績に結びつくことなどの理由から、値引きしやすくなります。

したがってガリバーなど大手フランチャイズ店から購入する方が値引きの可能性が高くなります。

中古車が安くなるのは年度末だけではありません。ゴールデンウィークや夏休みなど大型連休の後の月は、ユーザーも遊興費が出ていってしまったばかりなので車の購入代金を家計費として想定していないため、中古車の販売台数が落ちます。そんな時も値引き交渉のチャンスです。

車種やボディカラーの選択も重要!

ただし、どの車種も値引きに応じるわけではありません。中古車市場は変動相場制で、人気のある車種は値引きをしなくても販売できるので、ほとんど値引きは期待できないと思った方が無難です。

特くに新車販売が終了したスポーツカーなどは、状態が良ければ新車よりも高い価格で販売されていることもあります。

また同じ車種でもボディカラーが白や、その車種が持つイメージカラーであると、人気車種となって値引き交渉が難しくなります。

この人気車種を逆手に取ると、値引き交渉しやすい対象車が見えてきます。販売台数が多い汎用性のある車種で、しかもボディカラーがあまり人気のない色であれば値引き交渉もしやすくなるということです。

たとえばワゴンRは、販売台数が多いことから中古車市場に流通している車数も豊富で各中古車販売店も在庫を抱えていますが、最近の人気カテゴリーはスーパーハイトワゴンに移りつつあるので、ワゴンRの中古車は比較的安くなってきています。

白のボディカラーは人気車種なので値引き交渉は難しいものの、グレーやブラックなどは十分に値引き交渉の余地があるといえます。

またダイハツは、年度末にディーラーが購入する登録済未使用車が中古車市場に流れてきます。新車の中でも在庫として残りそうな車種をディーラーが処分の意味も含めて購入するので、中古車販売店でも必ず売れるとは限らないことから、登録済未使用車でも値引きされる可能性は十分にあるといえます。

値引き交渉を行う時は何がなんでも値引きする、と意気込むより、時期や車種を選んでから交渉を行った方がスムーズに事が運びます。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-