中古車の値引きが大きく安くなりやすい時期

モータージャーナリスト 金子
  • 執筆者
  • モータージャーナリスト 金子

中古車を購入したい理由の多くを占めるのが、"車を安く購入したい"といったものです。

特に日本人は新車志向が強い国民性ですが、最近の中古車は保証も充実していますし、品質も高くて新車とそう変わらないものもたくさんあります。

中古車は新車の同程度のモデルと比べると当然安く購入できますが、どうせならもっと安く購入したいというのが人情というものです。

中古車の価格は店側で決めるものですが、値引きされること前提で決めている価格ですので、値引き幅が大きくなる時期に購入すればさらに安く購入することができるということになります。

中古車を安く購入するためには業界の閑散期を狙え!

中古車

中古車の価格というのは需要と供給の関係で決まります。

欲しい人が多ければ価格は高くなり、欲しい人が少なくなれば価格は安くなります。

欲しい人が少ない時期は価格を安くしないと中古車は売れないため、値引き幅を大きくしてでも売ってしまおうとします。

中古車というのは毎日価格が少しずつ下がっていきますし、在庫として抱えておくだけでコストがかかるものですので、販売店は早く売ってしまいたいのです。

そのためみんなが中古車を購入しやすい繁忙期を外して、閑散期を狙えばより安く中古車が購入できるということです!

中古車を安く購入できる閑散期はいつ?

カレンダー

中古車が安く購入できる閑散期は、車がよく売れる繁忙期を知ることから始まります。

繁忙期と閑散期を1年間の表でまとめています。

4月 閑散期(中古車が安く買える!
5月 閑散期(中古車が安く買える!
6月 繁忙期
7月 閑散期(中古車が安く買える!
8月 普通
9月 普通
10月 普通
11月 普通
12月 繁忙期(年末商戦)
1月 閑散期(中古車が安く買える!
2月 繁忙期
3月 繁忙期(決算期)

4月・5月は1年の内で最も中古車が安く買えるチャンス!

チャンス!

ご存知の方も多いと思いますが、新車が最も多く売れるのは決算期(車業界の1年の終わり)の2〜3月です。

この時期は新車が多く購入され下取り車が中古車市場に多く流れますので、中古車の供給は増えますが需要も増えますので、大幅値引きは期待できません。

反対に、決算期が終わったばかりの4月、5月あたりは売れ残った中古車が余っている状態ですので、店側としてはできるだけ早く売ってしまいたいため、値引き幅が大きくなり中古車を安く購入できるチャンスです!

ボーナス終わりの7月、1月も中古車が安い時期!

サラリーマンのボーナス月である6月、12月の次の月も、値引き幅が大きくなり中古車価格が安くなりやすい時期です。

ボーナス月は需要が高まりますが、その次の7月、1月は需要が下がり値引き幅が大きくなります。

特に1月はお正月やクリスマスの後の時期なので、特に需要が下がり大幅値引きが期待できる時期です。

また1月1日に年式が1つ古くなりますので、年式が古くなると安くなるいう意味でも1月は中古車の買い時です。

ただし安く購入できる時期は選択肢が狭まることに注意!

1つ注意したいのが、閑散期が値引き幅が大きくなり中古車が安く買える時期ということがわかりましたが、閑散期=売れ残りという見方もできますので、在庫されている車数が限られてきます。

そのため、欲しい車種やグレート、年式の中古車が見つからないことがあるということにも注意しなければなりません。

もちろん中古車というのはタイミングですから、閑散期であってもベストマッチすると車に出会う可能性はありますが、中古車が豊富な繁忙期に比べると可能性として低くなるということです。

欲しい中古車は競争が激しいケースが多いので、気になるものを見つけたらなるべく早く行動に移すことが大切です!

それ以外に安く買える可能性が高い時期

4月、5月、7月、1月は値引き幅が大きくなり中古車が安く買える時期であると前述しましたが、それ以外にも安く買えるタイミングというものがあります。

5月の大型連休後

GWなどの大型連休中は車で出かける方が多いので、連休前に車を購入する人が多いです。

そのため連休中は中古車の需要が高まり値引き幅が小さくなりますが、大型連休が終わると再び需要は下がりますので、そのタイミングで購入すると値引き幅が大きくなり中古車が安く買える可能性が高くなります。

お盆休み

お盆とは8月中旬の3〜5日程度のお休みのことを言いますが、お盆の時期は亡くなった方をお迎えするという意味がありますので、大きな消費は控える傾向があります。

そのため中古車の需要が下がりますので、中古車の値引き幅が大きくなり中古車が安く買える可能性が高くなります。

月末

中古車販売店の営業マンは車の契約数に応じて給料が変わる歩合制です。

契約数は月末締めのところが多いので、月末になるほど営業マンはあせります。

そのため、今月あともう1台契約したい!という営業マンがいたとすれば、大幅に値引きしてでも車を売りたいと思うはずです。

モデルチェンジ後!

車というのは同じ車でもマイナーチェンジやフルモデルチェンジといったモデルチェンジを繰り返します。

そのため、同じ車種でも初代、2代目、3代目とモデルによって価格が変わります。当然最新モデル程高くなります。

中古車では、今最新モデルと同じ車種を中古車で購入すれば高いですが、モデルチェンジをしたとすると、中古車で流通している同車種は前モデルということになります。

前モデルになれば当然中古車価格が一気に下落しますので、そのタイミングで購入すればかなりお得に購入することができるということです。

1番最悪なのは、モデルチェンジする少し前に中古車で購入してしまうことです...。

オープンカーは冬に安く買える!

オープンカーというのは、屋根(ルーフ)が開いたり元からない車のことを言います。

夏場は涼しげで開放感がありかっこいいですが、冬場は最悪ですよね...。

ですので、オープンカーは冬の時期は需要が下がりますので、値引き幅が大きくなり中古車が安く買えるチャンスです。

SUVや4WD車は冬に高くなる!

SUVや4WD車は雪道や悪路に強いことから、冬に需要が高くなります。

そのため、冬の時期は需要が上がり中古車価格も上あがるため、中古車価格が高くなります。

人気車の中古車での買い時

人気車

人気車の場合閑散期であっても一定の需要があり、それほど値引き幅が期待できず安く購入できないケースがあります。

人気車であっても中古車で安く買える買い時は以下の時期です。

新車デビューから3年、5年、7年、9年後

中古車で出回るタイミングは車検のタイミングと重なっており、新車購入後初回の車検は3年後にあり、その後は2年ごとです。

つまり、新車デビューから3年、5年、7年、9年後の車検前に車を売る人が多いため、中古車市場での流通量高まります。

中古車の流通量が増えると供給が増えますので、値引き幅が大きくなることが期待できます。

モデルチェンジ直後

人気車もだいたい早くて3年、遅くとも5年ぐらいの間隔でモデルチェンジを行います。

モデルチェンジをすると中古車市場の同モデルは前モデルということになりますので、価格が一気に下落しお得に購入できるチャンスです。

まとめ

中古車は時期によって価格が変動します。

4月、5月、7月、1月は需要が下がりますので中古車が安く購入できるタイミングです。

また連休後やお盆休み、月末、フルモデルチェンジ後、そして車種によっても安くなる時期、高くなる時期があるということがわかりました。

ただし中古車が安い時期というのは閑散期ということですので、選べる中古車の選択肢が狭まりますので、欲しい車種やグレード、年式、色の在庫車がない可能性があることにも注意が必要です!

いずれにせよ良い中古車はすぐに売れてしまいますので、ライバルよりも先に行動に移すことが大切です!

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-