中古車選びのポイント【一覧】

中古車選びで失敗しないために必要な知識をご紹介!

中古車選びのポイント【一覧】

 中古車選びはプロの方でない限り、人生でそう何度もあるものではありません!

おそらくこのページをご覧になられている方のほとんどが、はじめてか、2回目、3回目程度だと思います。

そのような方々が中古車選びで失敗しないように5つのポイント!・走行距離編・年式編・販売店・お店選び・注意点など、覚えておきたい必要知識をご紹介しております(^^)

中古車の販売価格を決める基準はJAAIのシルバーブック!

新車販売価格はどのディーラーを回っても同じですが(もちろんディーラーによって値引きや下取りがあるので購入時には差額が出ます)、中古車の販売価格が同じ車種、同じグレード、走行距離や年式もほとんど同じなのに販売店によって違うのは、それぞれ販売店が独自で価格を決めているからです。

ただし販売価格の上下はあっても、どの販売店も一定の上限を超えることはありません(よほど高価な改造をしてある、あるいは希少性の高い車種はこの限りではありません)。

これは一般財団法人の日本自動車査定協会(JAAI)が、日本に流通しているほとんどの車種に対してグレードや年式、走行距離別に細かく中古車販売価格の目安を算出しており、それを基準にしてオプション装着や市場の人気性などを加味、価格を決めていることが大きな理由です。

この目安となる販売価格を掲載しているのがJAAIの発行しているシルバーブックで、毎月発行されているため、中古車販売店は車種の価格を変動相場にできるわけです。

したがって同車種で状態が同じであれば、突出した金額を販売価格にすると利益は大きくなりますが売れなくなる可能性があり、低く設定すれば早く売れる可能性はあるけれど利益率が落ちることになります。

中古車販売店も他の業種と変わらず、利益率と在庫のせめぎあいで商売していることが良く分かります。

同車種が同程度の場合は値引き交渉を忘れずに!

中古車を購入する際、選択の優先事項は『安心できる車』です。そのためにはこのページに書かれているコンテンツのチェックポイントを外すことはできません。

しかし売れ筋の軽自動車の場合、同車種、同程度の状態が何台も見つかり、価格差もあります。そんな時の選択肢は当然、価格差となります。

一般的に自社流通のシステムを持つ中古車販売店は中間マージンが省かれるので他店よりも販売価格が安く設定しやすいので、同車種、同程度の状態であればガリバーなど自社流通を持つ大手チェーンの車種から選択肢を求めていくことで、最終的に予算を低くすることが可能となります。

ただし小規模の独立した店舗でも販売車両をオートオークションではなく個別に買い取った場合もあり、目玉商品として安く売り出すケースもあります。

比較検討する際は販売価格の低い順に3車種ほど絞り込み、値引きが可能なところから購入交渉を始めると、最終的にもっとも低値の販売店よりも安くなることがあるので、同車種同程度の車数が多い時はできるだけ値引き交渉を行うことをお勧めします。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-