中古車の【エンジンルーム】のチェックポイント!

中古車選びのポイント【一覧】 - 【エンジンルーム】のチェックポイント!

中古車の【エンジンルーム】のチェックポイント!

中古車の【エンジンルーム】のチェックポイント!

 【エンジンルーム】とは、車のボンネットを開けたエンジンの入っている空間のことをいいます。

エンジンルームにはエンジン以外にも、バッテリー、ギア・ミッション、ベルト類など、車が走行するために必要なパーツが所狭しと搭載されています。

エンジンは車の最重要パーツとなりますし、修理箇所によっては修理費用が高額になるケースもあるため、購入前に十分にチェックすることが大切です!

チェックしておきたい【エンジンルームの各部】一覧

名称 確認方法・詳細
エンジン音 車はエンジンが元気であることが最も重要です!エンジンをかけてみて、すぐに始動するか、アイドリングは安定しているか、変な異音振動はないか確認しましょう!
オイルにじみ エンジンは各パーツをゴム製のパッキンを挟んで密閉しています。しかしゴムが劣化してくると、各部からオイルにじみがでてきます。年式や車種によって多少にじんでいる程度であれば問題ないのですが、オイルがしずくになって滴っているような場合は注意が必要です!
冷却水漏れ エンジンは冷却水(クーラント)によって冷却されていますが、冷却水が通っている配管に穴が開いていると、後々修理費が高額になる場合があります。冷却水が漏れると白っぽい水の跡ができますので、よく確認しておきましょう!
エンジンオイル オイルフィラーキャップを開けてみて、ドロドロに固まった黒いオイルが付着している場合や、キャップ自体が開きにくい場合は、オイル交換を怠っていた可能性があります。
バッテリー バッテリーに記載されている製造年月日を確認して、寿命は大丈夫か確認します。バッテリーの寿命は約3〜4年です。交換する場合は、数万円の出費となります。ただバッテリーは消耗品と割り切って新品交換してしまうのも1つの方法です。
ベルト類 エンジンルームにはタイミングベルトやファンベルトなど、ゴム製のベルト類があります。劣化してくるとひび割れがでてくるので、車に詳しい方は確認しておきましょう!

 以上が中古車の【エンジンルーム】のチェックポイント!の解説です(^^)

エンジン以外の故障個所であれば修理費用が高額になることは少ないのですが、エンジンに異常があったり、エンジン周りに故障があったりすると修理費用が高額になることがあるため、十分にチェックしておきましょう!

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-