中古車の事故車!隠す?利益を水増し? - 中古車の選び方アドバイス

中古車選び関連情報 - 中古車の事故車!隠す?利益を水増し?

 中古車を選ぶ際に最も不安になるのが、"事故車であるかないか"だと思います。

新車の場合だと事故車は絶対にありえませんが、中古車の場合は一度以上他人の手に渡っていますので、何かしら事故をしている可能性はあります。

事故車と聞くと、「えっ!血とかついてるんじゃ...。」とか「ヘッドライトとかフロントガラスとか割れてるんじゃ...。」というようなイメージを抱く方がいらっしゃいますが、そんなわかりやすい事故車はありません(笑)

むしろわかりやすい事故車の方が購入者にとってはありがたくて、注意しないといけないのは、事故車であることを隠している中古車なんです!

事故車でも買っていい中古車と買ってはいけない中古車!

 まず事故車というのは明確な定義があり、中古車のプライスボードに「修復歴の有・無」という項目があると思います。

この修復歴というのは、車の重要な骨格部分に損傷を受け修理していると修復歴(有)となります。いわゆる修復歴車(事故車)となります。

もう少し詳しく言うと、車の基本骨格であるフロントクロスメンバー・ラジエーターコアサポート・フロントインサイドパネル・フレーム・ダッシュパネル・フロアパネル・ピラー・ルーフパネル・トランクフロアパネルを交換、修正、補修した車のことです。

修復歴車になるかそうでないかの基準については、こちらのサイトが非常にわかりやすいです→修復歴車(事故車)について

さてこの事故車(修復歴車)ですが、基本的には格安で売っています。しかし格安ではなく普通の値段で売っていることがあります。これがやばいんです!

中古車販売店が車を仕入れる際には、オートオークションなどの中古車の卸から車を仕入れます。

その際には公式の検査官が修復歴(有)と記載していますので、販売店は事故車として格安の卸値で仕入れることができます。

事故車を格安で仕入れる普通の値段で売ると、中古車販売店は通常よりも利益を水増しすることができるのです!店側はいいかもしれませんが、購入者はたまったもんではありませんよね(^^;)

ですので、修復歴車(事故車)は普通の人は手をださないことがセオリーです!

逆に事故車でも買っていい中古車というのも存在します。

それは修復歴ではない軽い事故をした程度の中古車です。

例えば、私は以前事故をしたことがありますが、その際、フロントバンパーの前側を擦ってしまいました。バンパー交換に15万円かかりましたが、この程度であれば修復歴に該当しませんので、事故車ではありません。

私の例のように、車に乗っていると軽い事故や縁石にバンパーを擦ってしまったなど、軽い事故というのはよくある話です。

その程度の事故であれば、きちんと直してさえすれば、何の問題もなく乗り続けることができますので、買ってよい中古車になります。

なんにせよ、修復歴車(事故車)には気を付けるとともに、そのような怪しい中古車販売店では購入しないようにしましょう!

以下でご紹介しているガリバーでは、修復歴車は一切扱わないという安心があります(^^)

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-