本当に車の寿命は10年なのか?

中古車は何年落ちまでが買い?

本当に車の寿命は10年なのか?

車の寿命は10年  車の寿命は10年で10万キロが目安だと言われておりました。しかし、それは何十年も昔の話に過ぎません。

当時と現代では技術では塗装の技術や部品の精密さがまるで違います。もしも、車の寿命が10年で10万キロと決まっているなら自動車会社は大儲けしているに違いありません。

またトラックは普通車と違って走行距離が10万キロを越えているものが多く存在し、走行距離が30万キロ以上になっていても通常通り走っています。長距離トラックのトラックの中には100万キロを超える車体もあります。

普通車も同様で10万キロを超えているから寿命が来たと考えてしまって新しい車に乗り換えてしまっては勿体無いです。

普通車でも走行距離が30万キロを越えて走っている車も存在します。車は人間と違って目安にするような寿命はなく、保管状態やメンテナンス次第で寿命が変わってくると言っても過言ではありません。

車の寿命を延ばす方法

 まず保管状態ですが、保管場所はとても重要で屋根付きの車庫が最高の環境といってもよいでしょう。

人間が直射日光を浴びると日焼けをしてしまうように車も直射日光を浴びると日焼けをしてしまい塗装やプラスチック類、皮が痛んでしまいます。そうすると、室内外の部品交換や車の全面塗装をしないといけません。

 次にメンテナンスですが、定期的にオイル交換をする方は多いですが、その他の点検を定期的に行なっている方はオイル交換をする方ほど多くありません。

車検の時にまとめて点検をすればいいと思っている方もいらっしゃいますが、それだけで十分とは言い切れません。

車は人間と同様古くなってくると新車の時よりも故障する可能性が非常に高くなります。そこで、法定12ヶ月点検と呼ばれる点検作業の出番です。

法定12ヶ月点検は車検(法定24ヶ月点検)とは別に12ヶ月ごとに受ける点検を指し、人間でいう定期検診のようなものです。

車検(法定24ヶ月点検)のように義務付けられているものではありませんが、車の寿命を延ばそうと考えるのであれば故障は早期発見のほうが修理費用もかさばりません。

このようにこれだけ細かく点検をしていれば寿命は10年で10万キロどころか20年でも30年でも乗り続けることができます。

ただし、メーカーが生産を終了した車の部品供給は、生産終了から最低6年間は製造する決まりになっておりますが、6年以降の部品供給次第では同じ車に乗り続けることが不可能になる場合もあります。

しかし、部品供給の件を除けば車は半永久的に乗り続けることができます。小まめに定期点検を行ない愛車とのカーライフを思う存分楽しみましょう。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス では、年式や走行距離を指定して最適な中古車を提案してもらうことが可能です!入力は3分程度程度ですので、1度利用してみるとよいでしょう!

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-