中古車の「修復歴」と「事故歴」の違い

中古車の「修復歴」と「事故歴」の違い

中古車の「修復歴」と「事故歴」の違い

事故車

 中古車に貼ってあるプライスボードには必ず「修復歴(有・無)」という項目があります。

修復歴は販売店が買い手に知らせることが義務付けられており、例えプライスボードに書き忘れていたとしても、購入時に修復歴車であることを伝えなければなりません。

修復歴と似た意味を持つ言葉が「事故歴」です。

修復歴も事故歴も何らかの事故により車が損傷を受けていることを指しますので一見同じ意味にとれますが、中古車の買い取り価格や販売価格を決める上では、全く異なる意味になります。

結論から言いますと、修復歴車とは車の主要な骨格部分に損傷を受け、損傷した部分を交換又は修復した車のことを言います。

主要な骨格部分というのは車の重要なフレーム部分のことを指し、以下の部分のことを言います。

フレーム(サイドメンバー) ダッシュパネル
クロスメンバー ルーフパネル
インサイドパネル フロア
ピラー トランクフロア
※ ラジエータコアサポート  

車の骨格部分を構成する上記のフレーム部分に損傷があるものや、一度でも修復されたことがあれば、修復歴とみなされます。

※ ラジエターコアサポートについては交換されており、隣接する骨格部分にへこみや曲がりがある場合は修復歴とみなされます。

フレームの具体的な位置についてはこちらのサイトが参考になります。
外部サイト:中古車の査定-修復歴の考え方

つまり、修復歴というのはきちんと具体的に定義されており、その条件に該当すれば修復歴車となるわけです。

逆に言うと、その条件を満たさなければ事故歴となり修復歴にはなりません!

例えば、事故でぶつかってフロントバンパーをこすったから板金塗装をしたり交換したとしても、フロントバンパーは上記の重要な骨格部分に該当しないので修復歴にはなりません。あくまでも事故歴です。

中古車の事故歴を確認する方法!

 修復歴については販売店が買い手に告知する義務がありますからいいのですが、事故歴については告知する義務はありませんので、教えてくれない場合は自分で調べる必要があります。

販売店がその車をオートオークションから仕入れたのであれば「状態図」が、下取りで仕入れたのであれば「査定票」が必ずあるはずです。販売店が持っています。

これを見れば、その車に元々あったキズやへこみを一目瞭然で確認することができます。修理した場合であっても、「バンパー交換」や「ボンネット交換」といったように記載されています。

ただ販売店によっては状態図や査定票を見せてくれないところもありますので、そういったところでは買わない方が賢明です。

修復歴車をお得に購入する方法はこちら
走行に支障がない修復歴車はお得!

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-