修復歴車の故障発生率 - 中古車の選び方アドバイス

中古車選び関連情報 - 修復歴車の故障発生率

修復歴車の故障発生率
〜 修復歴ありの車は徹底した試乗で調べる 〜


モノコックボディの修理・交換が修復歴ありと認定

修復歴車 いろいろな中古車を見ていると、人気車種にも関わらず異常に価格が安い中古車を見つけることがあります。

その価格だったら即「買い」ですが、やはりスペックに注意すると大抵は「修復歴あり」と書かれており、価格が妥当であることに納得させられてしまいます...。また、異常に価格が安く、かつ、修復歴がない車には、必ず何か他に理由があるはずです。

修復歴の定義は下記です。

事故や災害によって車体の骨格部位を損傷し、修正あるいは交換した履歴を持つ車のこと

骨格部位以外を修理・交換した車は修復歴ありの車に該当しません。例えば、ドアミラーが折れたから交換したとか、バンパーを擦ったからバンパーを交換したとかですね。半分消耗品みたいなものは、骨格部分とは言いません!

骨格部位と言われても、車のことに詳しくない方にはどの部分なのか分かりづらいのですが、簡単に言うと、車のさまざまな部品を取り付けるモノコックフレームのことです。

モノコックフレームは三次元設計されており、衝撃に対して車内の乗員を極力守ることを最優先に作られています。

前や横、斜めといったどの方向からの衝撃に対しても、その衝撃をフレーム全体で緩衝させて乗員を守るため、フレームの損傷は衝撃を受けた場所だけに限らず全体に及ぶ可能性があります。

ただし、衝撃による損傷がフレームのどの部分まで及んでいるのか、これはプロの熟練修理士でもなかなか分かるものではありません。

修復歴ありの修復歴車が必ず悪いわけではない

 損傷部分は修理交換すれば一見、元通りになりますが、もしほかのフレーム部分まで衝撃が及んでいた場合、走行中に以下のような現象が現れることがあります。

  • 走行中にハンドルを離すと左右どちらかに寄り始める
  • 一定のスピード以上になると振動が始まる
  • コーナーリングの時にフロント、またはリアが流れる

などと、走行中に予期せぬ支障が出る可能性があります。

ただ、この修復歴は修理交換した場所と衝撃の度合いがさまざまなため、一概に修復歴ありは悪いと言えないのが全体の状況です。

もちろん修復歴なしの車に比べれば、故障や運転へ支障が出るリスクが高いのは事実ですが、軽度の修復が必要な車をディーラーや熟練の修理士が直した場合、走行に異常があるケースはほとんどありません。

修復歴ありの車の購入は避ける方が賢明ですが、もし、その車に強い購買意欲を感じたなら、徹底して試乗することをお勧めします。案外、「当たり」である可能性もあるのですから。

ちなみにネットでよく見かける、修復歴のある車の故障発生率39.4%の出所は、中古車販売店の ガリバー に掲載されている資料によるものですが、統計データの元が不明です。どなたかご存知でしたら教えてくださいm(_ _)m

ガリバーは修復歴ありの車を販売しないというポリシーなので、ガリバー調べであることには無理があり、販売台数の期間、故障の種類なども書かれていません。

この統計が事実だとしても、サンプル量や統計年月日が表示されておらず、100%信用するのはどうだろう?と思います。

まあ、修復歴のある車が販売されるのは、大手ではなく中小の中古車販売店が多いですから、故障発生率を統計すること自体少し無理があるような気もしますが(^^;)

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-