ローンやクレジットは慎重に! - 中古車の選び方アドバイス

契約するときの注意点 - ローンやクレジットは慎重に!

ローンやクレジットは慎重に!

 こちらのページでは、ローンやクレジットは慎重に!について、わかりやすく解説しております(^^)


 中古車を購入する際に、まとめて現金一括で購入できれば利子(金利)がかからず1番いいのですが、現金をすぐには用意できない場合や、中古車でも価格の高い車を購入する場合は、ローンクレジットを利用することになります。

ローンとクレジットの特徴は下記です。

ローン(車のローン)

 ローンには3種類あり、ディーラーローン銀行ローン(マイカーローン)残価設定ローンがあります。

ディーラーローンとは

ディーラーが用意しているローンで、契約すると、ディーラーが提携している信販会社から借り入れることになります。

手軽に利用しやすく、審査に通りやすいというメリットがあります。

銀行ローン(マイカーローン)とは

銀行が用意している車の購入専用のローンです。

車の購入者が銀行に審査を申し込み、無事通過すれば銀行からお金を借りて、ディーラーに支払うという形になります。

銀行ローンはディーラーローンよりも金利が安いという特徴があり、2%台からあります。しかしその分審査は厳しくなっています。

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、残価(3〜5年後の車の買い取り価格)を車の購入代金から差し引き、残りの金額を月々分割払いします。

設定した年数(3~5年)経つと、そのまま乗り続けるか、売却するか、買い換えるか選択できます。 そのまま乗り続ける場合は、買い取り価格(残価)を一括で支払うか、再度ローンを組む事も出来ます。

ただし、ローン期間中に大事故を起こしてしまい、車が全損したり外装などの状態が悪い場合には、当初の残価を下回りますので、清算金(追金)が発生します。

 以上がローンの概要です。

いづれのローンにしろ、金融機関から借り入れることになり、ローンを利用できる条件として、年収150~180万円以上や完済時の年齢条件がある場合もあり、審査が厳しいという特徴があります。学生は基本的には不可です。

また、審査が厳しい分金利(手数料)は3~6%と、次に解説しますクレジットよりも安く設定されている場合が多いです。

クレジット

 クレジットのメリットは、金融機関から借り入れるローンと違い、審査が簡単だということです。

年収があまりなくても、勤続年数が少なくても、学生であっても、保証人を立てればたいてい通ります

ただし、長期滞納や他に多額の借金がある場合は審査でひっかかってしまいます。

クレジットは審査が簡単な分、利子(金利)が金融機関のローンよりも、3~5%高いという特徴があります。一般的なクレジットの場合、4~14%とクレジット会社により幅があります。

また、クレジットでお金を借りた場合、基本的に契約者がクレジット料全額を支払い終わるまでは、車の所有権はクレジット会社にあるため、車を売却することはできません。


 以上が、ローンやクレジットは慎重に!の解説です(^^)

ローンを利用するにしろクレジットを利用するにしろ、借り入れ金額が少なければ少ないほど、支払う利子(金利)が少なくなるので、できるだけお金を貯めて無理のない返済計画を立てましょう!

以下でご紹介している ガリバー では、G-ONEオートローン・らくらく84・のりかえ名人・プラスローンといった独自のお得なローンをご用意しています!

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-