中古車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 中古車人気ランキング!【一覧】 > 仕事や通勤で使う燃費の良い中古車人気ランキング!

仕事や通勤で使う燃費の良い中古車人気ランキング!

仕事や通勤で使う燃費の良い中古車人気ランキング!と、スペック比較表一覧

仕事や通勤で使う燃費の良い中古車人気ランキング!

 こちらのページでは、仕事や通勤で使う燃費の良い中古車のスペックを、中古車人気ランキング形式で比較しています!
中古車相場価格燃費」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の中古車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から販売台数が多い順(人気順)となっております。

もし気になる中古車がありましたら、「中古車販売実績NO.1のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!
すでにお持ちの車を売る予定の方は、「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!どちらもシェアNO.1です(^^)

仕事や通勤で使う燃費の良い中古車人気ランキング!【1位~10位】

  • 燃費が良く小回りの効くコンパクトカーが人気!
  • 燃費の良さと車体価格のバランス、トータルコストをよく考えよう!
  • ご家庭と兼用で車を使う場合は、セダンかワゴンを選ぼう!
  • 営業車として使う車は、燃費が良く荷物も積めるワゴン車が人気!
  • 軽自動車はもっとも維持費が安く仕事や通勤には持ってこい!
  • 長く使いたい方は走行距離5万km以下の中古車を選ぼう!

販売台数 10
  アクア(AQUA) フィットの中古車の評価と相場価格 ヴィッツの中古車の評価と相場価格 プリウスの中古車の評価と相場価格 デミオの中古車の評価と相場価格 ノートの中古車の評価と相場価格 ミライース アルト(ALTO) カローラフィールダーの中古車の評価と相場価格 インサイト
車名 アクア フィット ヴィッツ プリウス デミオ ノート ミライース アルト カローラフィールダー インサイト
メーカー トヨタ ホンダ ホンダ トヨタ マツダ 日産 ダイハツ スズキ トヨタ ホンダ
JC08モード燃費 37.0km/L 36.4km/L 21.8km/L 32.6km/L 25.0km/L 25.2km/L 33.4km/L 22.6km/L 19.6km/L 27.2km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 50%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 50%減税 75%減税 100%減税
室内長(mm) 2015 1935 1940 1905 1815 2065 2000 1835 1945 1935
室内幅(mm) 1395 1450 1390 1470 1425 1390 1350 1260 1430 1430
室内高(mm) 1175 1280 1250 1225 1220 1255 1240 1240 1200 1150
新車価格 170万円

195万円
126万円

186万円
107万円

180万円
217万円

334万円
114万円

164万円
124万円

184万円
74万円

128万円
80.8万円

96.2万円
153万円

226万円
193万円

255万円
中古車
相場価格
127万円

179万円
39万円

162万円
48万円

125.8万円
78万円

239万円
44.8万円

138.6万円
35万円

158万円
59万円

102万円
23.8万円

88万円
78.8万円

234万円
82万円

203万円
評価 アクア(AQUAの中古車の評価と相場価格 フィットの中古車の評価と相場価格 ヴィッツの中古車の評価と相場価格 プリウスの中古車の評価と相場価格 デミオの中古車の評価と相場価格 ノートの中古車の評価と相場価格 ミライースの中古車の評価と相場価格 アルト(ALTO)の中古車の評価と相場価格 カローラフィールダーの中古車の評価と相場価格 の中古車の評価と相場価格
中古車検索

※ なお、表示価格は車体価格ですので、実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。
【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス 」でお見積りをとると、最も重要な「支払総額」がわかります(^^)

※ 中古車相場価格については、あまりに古い中古車は参考になりませんので、おおむね5年以内の中古車価格を目安としています。

もし気になる中古車がありましたら、「中古車販売実績NO.1のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!
すでにお持ちの車を売る予定の方は、「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!どちらもシェアNO.1です(^^)

各メーカーとも燃費効率の向上は最優先課題!

現在、燃費効率の向上は日本に限らず世界中の自動車メーカーの最優先課題となっています。エンジンを作動させるためのガソリンや軽油の原料となる石油は将来的に枯渇することが予測されており、石油を無駄に燃やすことで発生する二酸化炭素は地球温暖化の原因とされています。また消費者目線では石油価格が安定していないことからガソリン代は年間維持費の占める割合が大きく、長距離を走る人ほど燃費効率の高い車が要求されます。

燃費効率を高める技術は各メーカーとも独自路線を歩んでおり、モーターを併用するハイブリッド車、排気量を小さくしてターボチャージャーやスーパーチャージャーなど過給器でパワーを得るダウンサイジング化、価格の安い軽油を使用するディーゼルエンジンを搭載するなどの方法が取られています。

中古車人気ランキングを見ると、それぞれ独自の技術を使った好燃費車が適度に散らばって順位を争っており、決定的な燃費効率を向上させる技術の確立が及んでいないことを教えてくれます。現在、ハイブリッド車の優位は動きませんが、ハイブリッド車はバッテリーを搭載するために車重が重くなるという欠点を持っています。

またディーゼルエンジンは触媒に溜めた有害物質PMを定期的に燃焼させなければなりませんし、ダウンサイジング化はパワー不足という評判が囁かれています。今後、燃費競争はさらに激化するので中古車人気ランキングの順位はめまぐるしく変化することが予想されます。

好燃費のためには運転やメンテナンスにも気を配る!

燃費効率の良い車種は必ずしもカタログ値通りの燃費を記録するわけではありません。カタログに記載されているJC08モードは実際の走行に近い状態で計測した数値ですが、燃費効率を高めるための運転を正確に行った結果です。したがって公道における運転の仕方次第ではカタログ値を大きく下回ることもあります。

駐車中にアイドリングストップ機能を切ってしまえば燃費効率は落ちますし、急発進と急停車は燃費に最大の悪影響を及ぼします。またメンテナンスも重要で、過給器のついた車種はタービンにエンジンオイルを使用するので小まめに指定されたオイルの交換を行なわなければなりません。

とくにタイヤは低燃費仕様を使っているので交換の際、指定されたタイヤ以外と交換するだけで燃費は下がってしまいます。その他の注意点としては荷室によけいな荷物を積まないことです。ゴルフバッグを入れっぱなしにしているだけでも毎日乗っていれば燃費効率は悪くなります。

< ↓他の車種の車種別中古車人気ランキング↓ >

< ↓ニーズ別中古車人気ランキング↓ >

< ↓メーカー別中古車人気ランキング↓ >

中古車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 中古車人気ランキング!【一覧】 > 仕事や通勤で使う燃費の良い中古車人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >