後面の修復歴を見分ける - 中古車の選び方・購入アドバイス

こんな中古車は要注意! - 後面の修復歴を見分ける方法

後面の修復歴を見分ける

 こちらのページでは、後面修復歴を見分けるについて、わかりやすく解説しております(^^)


 車のリヤフェンダーは、車の骨格と溶接されていますので、事故により後部に衝撃が加わると、車の骨格部分にまで衝撃が波及しやすい部分です。

また、最近の車は荷物を出し入れしやすくするため、後部全体が開くように設計されている車種が多くなってきました。

すると、どうしても強度が弱くなり、追突などで後部に衝撃を受けると、車の骨格部分にまで影響がでやすくなるのです。

車の後面の修復歴を見分けるポイントは下記です!

エンドパネルを確認

 車のトランクを開けて、エンドパネルを確認しましょう!

エンドパネルの溶接跡がいびつであったり、ボルトの塗装がはげていたりすれば、交換している可能性があります。

 

トランクパネルの隙間

 トランクパネルを閉めたときにできる隙間を確認しましょう!

隙間が大きかったり、左右で隙間の間隔が違っていれば、板金修理をしていたり、トランクパネルごと交換している可能性があります。

テールランプの交換跡

 テールランプは、車の後部に衝撃を受けるとひびが入ったり割れてしまったりしやすい部分です。

片方のテールランプだけが新品に交換されていたり、トランクパネルとの隙間が左右で違っていたりしないか確認しましょう!

下回りの塗装

 車の後部の修復歴を確認する場合、下回りを確認することが重要です。

通常下回りの塗装は鮫肌状になっていますが、塗装に一部だけムラがあったり、後から塗装しなおしたような境界線がある場合は、板金修理やパーツ交換をした可能性があります。

リヤフェンダータイヤハウスのスポット溶接跡

 後ろのタイヤ側のタイヤハウスのリヤフェンダーには、スポット溶接跡が数箇所あります。

スポット溶接跡は直径6mm程度で小さなくぼみのようになっています。

このスポット溶接跡が左右で位置が違っていたり、そもそもスポット溶接跡がない場合は、リヤフェンダーごと交換している可能性があります。

トランクルーム内部

 トランクルーム内部には、各所にボルトや溶接跡があります。

これらを確認し、一度取り外されたような跡がないか、塗装をしなおした跡はないか確認しましょう!

トランクルーム内のシートを外すとスペアタイヤハウスがありますが、ここのシーリング跡や、その他修復したような形跡がないかもよく確認しておきましょう!


 以上が、後面の修復歴を見分けるの解説です(^^)

後部の事故は車の骨格部分に影響を与えることが多く、車の安定走行に支障をきたす恐れがあるため、入念にチェックしましょう!

以下でご紹介している ガリバー では、修復歴車は販売しないという強いポリシーを持っていますので、こういった中古車販売店であれば安心の中古車選びができますね(^^)

中古車販売第1位ガリバーの
中古車マッチング!

ガリバー

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-